アートポスター販売のaz-poster:暮らしの中にアートの彩りを

アートポスター、コンテンポラリー、フォトグラフ、モダンアート、ネット通販14年の安心と実績! アート作品を通じて、居心地のいい空間作りをサポートします!!
各種クレジットご利用可能
新規会員登録 ログイン ご利用案内 ポイント確認 お問い合わせ
Slide 000 Slide 000 Slide 000 Slide 000 Slide 000 Slide 000 Slide 3 Slide 6
ジャクソン・ポロック)Jackson Pollock
  • アーティスト紹介|ジャクソン・ポロック
  • ジャクソン・ポロック ポスター作品ラインナップ|アズポスター

ジャクソン・ポロック/バイオグラフィー

ジャクソン・ポロック:Jackson Pollock ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

ジャクソン・ポロック Jackson Pollock

ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)ポアリング・ドリッピング【1912-1956】 「ポアリング・ドリッピング」と呼ばれる新技法を生み出し、美術の中心といえばパリだった時代に 世の人々の眼をアメリカへ向けさせた存在。
ポロックはただ描くために描くというアクション行為そのものの持続だけで成り立つ、近代絵画とは全く違う アート芸術表現を始めました。彼の制作は通常のそれとは異なり、画面を床に敷き、筆や棒から絵具、塗料を滴らせ四方から画面を 埋めていくというものです。画面は躍動する激しい絵具、塗料の線や飛沫の集まりです。 ここには地下のマグマが煮えたぎっているかのような、エネルギッシュなアクション行為の結果のみがとどめられています。 近代に入ると、画家の描く行為はようやくタッチとして画面にあらわれるものの、本来、画家の描く行為は 絵画の空間の背後にかくされるべきものでした。

現代に至り、近代絵画の行き詰まりに直面したポロックは、大胆にも、画家たちが最も重要と考えてきた絵画の要素、 イメージを描くことを絵画から捨て去ります。後に残されたのは描くというアクション行為だけで、彼はその描くというアクション行為だけを頼りに、 都市空間のなかで見失われた本来の自然につながろうと苦闘します。もはや後に引けない彼のアート芸術表現は、絵の具、塗料に託された彼の精神の集中と緊張に満ちています。パティー・スミスは、かつて「Jackson Pollock Was A Nigger」と歌いました。タイム誌は、「切り裂きジャック」にひっかけ「ジャック・ザ・ドリッパー Jack The Dripper」と呼びました。良い意味でも、悪い意味でも、ジャクソン・ポロックは美術界における異端派であり続けたと言えるでしょう。

ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)ポアリング・ドリッピングしかし、44歳という年齢での突然の死は、彼をいつしか「伝説のヒーロー」にしてしまいました。最近でも、今やポロック並みの伝説的バンドとなったストーン・ローゼスのセカンド・アルバムのジャケットが まさにポロックの作品そのままだったり、オムニバス映画「ニューヨーク物語」のマーティン・スコセッシ作品「ライフ・レッスン Life Lesson」(ニック・ノルティー、ロザンナ・アークェット主演)のモデルが 明らかにジャクソン・ポロックだったりと、その存在感を示し続けています。

確固たる自信のもとに生み出された抽象表現主義絵画における金字塔の数々は、その反面、作者の不安と恐れの表現でもあり、それが彼を早すぎる死へと追い込んで行くことになります。
しかし、そんな彼の後にはアメリカが生んだもう一人のヒーロー、アンディー・ウォーホルが続き、 いよいよアメリカは美術の世界でも世界をリードする国になってゆくのです。

上へ戻る|アズポスター

ジャクソン・ポロック/アートポスター 一覧

『魔王』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock) | ポスター通販のアズポスター
『魔王』 Jackson Pollock

『魔王』
ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

美術の中心といえばパリだった時代に世の人々の眼をアメリカへ向けさせた存在、ジャクソンポロックの作品。この作品「魔王」はポロックの開花期とも呼べる時代に制作された作品で、ポロックがベティ・パーソンズ画廊で最初の個展を開いた再に出品された作品の一つです。
ポロックのオートマティズムは、さらに「原感情の表出」の強度が上げられ、イメージがほとんど排除されています。個展のオープニングに訪れた客たちは、イメージの見当たらないポロックの新奇な作風に戸惑うばかりでした。会話の途絶えたオープニングの会場は息苦しさに包まれたといいます。
この作品の詳細を見る/購入する | 『魔王』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

Number 8 1949(ジャクソン ポロック)
『Number 8』 Jackson Pollock アートポスター

『Number 8』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

ポロックが自身の製作や技法に没頭し、それを実行していった時代。 それはつねに何か新しい物や自分の頭の中にあるものを放出する日々だったといいます。進展期、ポロックが絵画の技法として得たのがオートマティズムでした。彼は、ポアリング(ドリッピング)の技法に集中し、「原感情」のうごめきを垂らす絵具の 様態そのものに重ね合わせようとします。その結果、イメージとなって立ち上がろうとするかつての絵画の要素は徹底して画面から排除されてゆきました。
この作品の詳細を見る/購入する |Number 8 1949(ジャクソン ポロック)

『Number 14 Gray』ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock) | ポスター通販のアズポスター
『Number 14 Gray』 Jackson Pollock アートポスター

『Number 14 Gray』ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

ポロックのオートマティズム、いわゆる「原感情の表出」を一歩前進させポロック独自の抽象表現を引き出すものの、同時にその表出をイメージによる表現を追究する近代絵画の枠組みに止めるものでもあったため、ポロックの精神に大きな不満を残しました。ポロックは、その不満からさらに歩を進め、より直接的な心的世界を表現することをめざします。
ポロックが絵画の技法、オートマティズムに加えた大きな変更は、イメージ追究の一方法であったそれをより直接的な心的世界の表現の方法に転換したことです。ここに至ってポロックは、近代絵画を突破し得る技法を手にし、まさに開花目前の地平に立ちました。 
この作品の詳細を見る/購入する | 『Number 14 Gray』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

『Number 18 1950』ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock) | ポスター通販のアズポスター
『Number 18 1950』 Jackson Pollock アートポスター

『Number 18 1950』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

こちらの作品もポロックの進転機、自身の創作を確かなものとする段階で創作された作品といわれています。一九四七年、批評家ローゼンバーグは、画家マザウェルとともに、前衛芸術誌「ポシビリティズ」を発行します。ローゼンバーグは、現代の前衛芸術を現代のマス・メディアや大衆文化から疎外された個の表現であるとして、ポロックを先導役にアメリカの現代芸術を主導しようと考えていました。ここでは、ポロックが無意識レベルに集中する状態を差し出せば絵画はおのずからから得られるとする、「ギヴ・アンド・テイク」の関係が語られています。
しかし、ポロックのオートマティズムの行程はこれでだけでは完結しません。つまり、ポロックが無意識レベルに注意を集中し無作為にカンヴァスに絵具を垂らす結果が
すぐさま彼の芸術となるわけではないのです。
この作品の詳細を見る/購入する | 『Number 18 1950』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

『かすかに光っている物質 1946年』 Jackson Pollock アートポスター
『かすかに光っている物質 1946年』 Jackson Pollock アートポスター

『かすかに光っている物質 1946年』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

ポロックの表現が現代美術の始まりであり、同時に近代芸術の終わりといわれ、近代芸術の到達点は、 キュービズムや抽象画の自然の抽象化の表現でした。 ポロックは、何かを描くという絵画の常識を完全に捨て去り、ただ描くために描くという、描く行為自体を全面に押し出す、全く新たな領域のアート芸術表現を生み出しました。
ポロックに始まる抽象表現主義の登場は、アメリカの現代美術がヨーロッパ近代芸術から袂を分かち、ついに独自の道を歩み始めたことを意味していました。かつて清教徒としてヨーロッパを後にしたアメリカ人は、芸術においてはその約二百年後、 ついに自らの新領域を見いだすのです。
この作品の詳細を見る/購入する | 『Number 26 1951 (serigraph)』 ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)

上へ戻る|「ジャクソン・ポロック」ポスター通販のアズポスター

ジャクソン・ポロック( Jackson Pollock ) その他のポスターはこちら


ページトップへ